トップ

不動産の査定額の情報

不動産購入のきっかけ

不動産の購入を考える動機の中で、一番多い理由は金銭的なことです。自分の資産にならないものに毎月何万円ものお金を支払うのは勿体ないと考える人が多いようです。同じお金を支払うのなら、自分の資産になるものの方が良いと考えるのは自然の流れなのかもしれません。また、その他の理由としては、何かあった時に住む場所を確保できる安心感、また、子供が成長すると進学のこともあって転勤についていけないといったことも理由のひとつにあげられます。不動産を購入するきっかけが、ただ単に「家が欲しい」という単純な理由でないことが多いというのも驚きです。

中古一軒家の売却相場

売却相場を出す方法は、あくまで概算でしかありませんが、インターネットや新聞などの住宅広告から今住んでいる地域で、道路付け(方角)、建物構造、築年数が近いものを探して�で割り単価を出します。その単価に所有している不動産の面積をかければ価格が出ます。しかしそのような比較検討する材料が無い場合は、仲介業者に査定をしてもらい売りに出します。しかし、売れない場合は仲介業者に買取ってもらうこともできますが、査定の70〜80%ぐらいに下がるといわれています。一般論として、中古住宅は10年を経過すると、土地代のみの売値になり、あるいは、古家が付いている不動産の場合は土地値の70〜80%で買い取られるといいます。