トップ / ペットの飼える不動産

不動産の査定額の情報

ペットの飼える不動産賃貸

寂しさからペットと生活したい人は多いものです。アパート、マンション、戸建てでも探せば希望の適う物件が見つかる場合もありますが、ペットの種類や大きさ、数によっては許可されないケースもあるので不動産屋さんに確認する必要があります。問題になる例として犬の場合は鳴き声、トイレの臭い、散歩中の糞尿の後始末、人に噛み付かないなどのしつけ、共用部分については清潔さが求められるのでマナーが守られるかが焦点となります。他に許可を要する種類の動物もあるので確認がとられます。賃貸不動産でもあり、壁の隅などに欠き傷や臭いが残ると後々借りる人にも影響があります。退出時に現状回復義務を負う為に借りる時の敷金は2ヶ月分というのが普通のところ、高めの3ヶ月分というところが多いようです。

住宅ローンを組むならチャンス

住宅ローンが低金利になっている今、不動産の購入を検討している方は多いはずです。実は私もその1人でした。マンションにするか戸建にするか悩みに悩んで、今年の8月に妻と相談して都内に新築の戸建を購入することにしました。金利は保証料を利息組込型にして1.075パーセントという驚くほど低い金利で借りることができました。今なら国の減税もあるので、支払った住民税や所得税は20万円までなら全額戻ってきます。10年間で最大200万円の減税を受けることができます。不動産の購入を考えてる方はこの時期に購入するのが良いです。一生に一度のことなので、マンションや戸建と決めつけずに条件に合った物件をいくつか見て決めるのが良いでしょう。