キッチン リフォーム

念願のマイホームを手に入れてから十数年もすると、あちこちリフォームが必要になったりしますね。リフォームをすると設備が新しくなり、気分も一新されます。リフォーム箇所は水回りが多く、湿気の関係で故障が多い事も理由のひとつです。また、住人が高齢化してくるにつれ、バリアフリーへのリフォームも多くなります。いくら頑丈な家とはいえ、長年暮らしていれば直す箇所は増えていきます。設備も、永久的に使えるわけではありません。もし故障や壊れてしまったものをそのままにしておくと、快適な生活が保たれません。マイホームでの生活が快適でなくなると、生活の質が落ちてしまいます。そうなってしまうと、身体にも不調が現れてしまいます。老朽化して大きな修復が必要になる前に、手を打ちましょう。今回はキッチンのリフォームに焦点をあてていきます。

キッチンのリフォームをする時に知っておくべき事

キッチンのリフォームと聞くと、大掛かりな感じがしますね。もちろん、どの部分をリフォームするかによって、工事期間も費用も変わってきます。元々のキッチンと似た様な雰囲気にするのか、それともがらりと変えてしまうのか。マイホームを購入した時と現在では、好みも変わっているかもしれません。それに、キッチン自体も新しくなっていて、最新の設備がほしくなるかもしれませんね。具体的に見ていきます。キッチンのリフォーム費用は、金額に幅があります。実際に行なわれているリフォームは、50万円から150万円くらいが多くなっています。コンパクトなミニキッチンであれば50万円以下でできるものもあります。必要な工期は短くて3日、長ければ14日かかったケースもあります。費用と同様、どういった工事をするかによって、幅が大きくなっています。

キッチンのリフォームを安く済ませる方法

さて、そんな価格差などの大きなキッチンのリフォームですが、できれば安く抑えたい方がほとんどでしょう。しかし、譲れない機能もあると思います。リフォーム費用を低くしたいのであれば、妥協しながら選んでいく必要もでてきます。欲しい機能や好きな素材ばかり選んでいては、高額になってしまいかねません。ですので、妥協できる点はなるべく妥協しましょう。具体的には、収納扉やワークトップ、シンクの素材、水栓やレンジフードの種類を安いものにしてみる事もひとつです。また、コンロや食洗器などのオプションも選べるので、安価なものにするという手もあります。もちろん予算があると思いますので、理想と現実の間でしっかりと悩んで、選びましょう。なるべく費用をおさえて素敵なキッチンへリフォームしてください。