キッチン リフォーム

長くお住まいのご自宅、ほぼ毎日利用されるだろうキッチンについて不便な点や不満なところはありませんか。経年劣化だけではなく、ライフスタイルの変化によって必要な設備が出てくることもあるでしょう。そこで、リフォームをお考えになる方も多くおられます。リフォームは必要な部分のみ新しいものへ入れ替えすることが出来ますから、キッチンのシンクやコンロ、そして戸棚を新しく使い勝手の良いものへ変更することが可能です。では、リフォームをする際にはまず何をすれば良いのでしょうか?それは、優先したいポイントを決めることです。シンプルで良いから安く済ませたい、IHや食器洗い乾燥機は必要、収納を多くしたい、家族が増えたので広くしたい、などの目的を明確にしておくと、数あるプランから選択肢が絞りやすくなります。

具体的な計画は相場を知ることでスムーズに

では、完成したキッチンのイメージが出来上がったところで次に気になることと言えば、幾ら掛かるのかということではないでしょうか。これはご自宅のキッチンのサイズや本体の価格によるので個別の要素が非常に高いのですが、お手頃なもので数十万円、キッチン自体がハイスペックの最新型にするのであれば百万円を超えるものもあります。基本的な直線型が一番安く、対面やL字型はそれより少し高くなる傾向にあります。このキッチン本体の価格として表示されているものは、古いキッチンの撤去、そして設置や配線など利用できるようになるまでの基本的な工事を含むこともあるのでリフォーム会社のカタログで確認してみてください。そこでご希望のキッチンのスタイルが予算と照らし合わせて可能かどうか大まかに掴めます。

見積もりをもらう際のポイントとは?

大体の値段を調査した後は、実際にリフォーム工事を依頼する会社を選んで見積もりを貰うことになります。インターネットや周りの人の口コミなどを参考に、数社を選んで見積もりをしてもらいましょう。作業する現場を見て価格を出すことになりますから、自宅に来てもらい希望するキッチンのスタイル、納期、どのような点が不便に思っていたかなどを伝えます。この時、条件を同じにしておくと後の比較が容易です。もし現在のキッチン位置からの移動したい希望やキッチンサイズの変更があればきちんと伝えましょう。大幅に工事費用が変わります。見積り書を貰う時にはどこまでの工事が入っているのか、合計金額だけではなく各社の条件を細かく見ておかないと追加費用の発生などトラブルが起こる原因にもなるので注意します。予算内でより良いリフォームをして理想の使いやすいキッチンにする為に事前の情報収集が大切です。